一族が桟橋で海上生活【マレーシア・ペナン】

マレーシア


一族が桟橋で海上生活

2019年10月の情報です


桟橋(さんばし)って木やコンクリート製の橋を海の伸ばしてる構造物です

普通はこんな感じ



ここの桟橋は規模が違います

日本じゃ建築許可が下りないので即撤去になりそうな規模

上から見るとその長さが分かると思います

右側の桟橋はコンクリート製で漁港にある防波堤のような構造物です

左側は100m以上海に突き出てます


まずは地図の右側の桟橋(地図だと楕円の中央辺りにうっすら道が書かれている)
陸地側にはお寺が建てられてます


お寺自体はこじんまりしてます、なぜか刀が並べられてました



このお寺の先からは桟橋が続いてます


とにかく水面ギリギリだけど水かさが増したら、水没しないのかこちらが心配になります


横にも桟橋が続いていて、普通に民家があります


奥の方にも路地を入っていった所にお寺がありました


先端は普通に桟橋が終わってました



地図左側の桟橋は更に規模が多く店を多数あり、観光客もたくさん歩いてます

こちらも陸側の入り口はお寺、手前に阿吽の口をした狛犬さんが鎮座されてます


こんなところでもアジアの繋がりを感じます


桟橋の初めからお店が続いてます、どこにでもあるような土産物屋や軽食の店がほとんどです


先端からは、マレーシア本土のバタワースの高層ビルが見えます


先端の手前にお寺がありました




特別何かある訳ではないけど、桟橋での水上生活を見れる事は滅多にないので時間があるなら、行ってみても悪くないと思います


●マレーシアツアーを探す●

JTBマレーシアペナンツアー


●マレーシア・ペナン島ホテルを探す●

ペナン島ホテルを探す


●マレーシア行き航空券を探す●

格安チケットを探す


●ペナン島オプションツアーを探す●

ペナン島オプションツアー


●マレーシアで使えるグローバルWifiをレンタルする●

グローバルWiFi


コメント